ページ本文へ

ROYAL CANIN

ロイヤルカナンは「すべては犬と猫のために」をキーワードにペットの健康を第一に考えたフードを提供していきます。

ニュース&トピックス

HOME > ニュース&トピックス > 2016年 > “触っただけで正確にわかる、愛犬の肥満度!” 世界初の「犬の栄養状態(体型)診断モデル」を開発

“触っただけで正確にわかる、愛犬の肥満度!” 世界初の「犬の栄養状態(体型)診断モデル」を開発

  2016年1月12日

プレミアムペットフードおよび犬と猫の食事療法食のリーディングカンパニーである、ロイヤルカナン ジャポン(本社:東京都港区、社長:山本 俊之)は、帝京科学大学(本部:東京都足立区、学長:冲永荘八)生命環境学部アニマルサイエンス学科 大辻 一也教授との協業により、犬の栄養状態や体型の評価指標である「犬のボディコンディションスコア 9段階評価」(以下、BCS)を診断するための「犬の栄養状態(体型)診断モデル」(以下、BCSモデル)を開発しました。「BCSモデル」は世界初のBCS診断の実用ツール(注1)となり、本技術は帝京科学大学により特許審査を請求中です(特願2014-133122)。

「BCSモデル」は、2012年より3年間かけて、犬の肥満研究の第一人者であり、世界初の「犬用体脂肪計」(花王ヘルスラボ)を開発した大辻 一也教授が、犬のBCSを誰もが触れるだけでほぼ正確に評価できるよう、犬のリアルな脂肪のつき方を再現する技術を研究し、開発に成功。これに伴い、同技術をロイヤルカナンがツールとして実用化した産学連携の試みとなります。

なお、「BCSモデル」は、獣医師、動物看護師を養成する大学等の獣医療教材として、また、ロイヤルカナンの「犬用減量用食事療法食 満腹感サポート」等を取り入れた動物病院向け犬の肥満予防啓発プロモーション活動の一環として、2016年1月より動物病院および獣医系大学に配布する予定です。

注1:量産可能で、1台で5段階以上の診断ができるツールとして世界初

■「犬のボディコンディションスコア」について

犬のBCSとは、犬や猫の体の腹部(側面)と背中(上面)から見たくびれの状態や肋骨についた脂肪の厚みを触知によって測ることで、その栄養状態や体型を診断する指標(スコア)で、5段階評価と9段階評価の2つの指標があります。 本「BCSモデル」では、昨今の獣医療界では主流となっている9段階評価を採用しました。
現在、犬や猫の栄養状態や肥満度を診断する評価方法として、BCSは世界中の獣医師や動物看護師が採用していますが、これまでは診断者の視診と触診による主観的な診断に頼らざるを得なかったため、診断者によってその評価がまちまちとなることが指摘されていました。こうしたことから、誰が診断しても同じ評価が得られ、BCS診断の精度が向上できるよう考案・開発されたのが、この「BCSモデル」です。

■ 実際に診断精度が向上した「BCSモデル」の特長

「BCSモデル」は、人工的に作られた犬の肋骨の模型の上に、材質の異なる複数のゴムシートを積層して指標となる痩身度1から肥満度9に相当する脂肪の厚みを各指標毎に正確に再現し、それを人工被毛で覆ったモデル型のツールです。

実際にこの「BCSモデル」を使って、臨床獣医師及び帝京科学大学の動物看護コースの学生にBCS診断を行ってもらったところ、90%の獣医師がBCSモデルの触知はイヌの触知と一致しており、自身の経験知とBCSモデルの触知も一致していると回答しました。また「動物病院で活用したい」と回答した病院が、90%という結果となりました。

さらに動物看護コースの学生の実習に利用すると、BCSの診断精度が飛躍的に向上されたことが実際に報告されています。

■ “肥満”に対する危機意識を高めることは、愛犬の健康管理に不可欠な愛情です

日本で飼育されている犬の約25~30%が肥満であると言われ、犬の肥満は人と同じように、関節炎、心臓病、糖尿病、呼吸器への負担などのリスクが高まることが分かっています。肥満の主な原因は、フードやおやつの食べ過ぎ、また去勢や避妊手術による性ホルモンのバランスの変化や代謝量の変化などがあります。

さらに、肥満によって寿命が短くなるという研究報告も数々あるにも関わらず、ペットオーナーの愛犬の肥満に対する意識は決して高くないことが指摘されており、特に、獣医療業界では、犬の健康管理や病気の早期発見のためにも、ペットオーナーに強く “肥満に対する危機感” を持っていただくことが急務となっています。

ペットオーナーが愛犬の栄養状態や体型を知ることは、肥満の予防や減量促進のみならず、スキンシップをとりながら、観察するきっかけにもつながり、愛犬の健康管理をする上で極めて大切な意識と言えます。

■ 「BCSモデル」を活用した動物病院における肥満予防啓発活動もスタート

ロイヤルカナンでは、2016年1月より、動物病院における犬の肥満予防プロモーション活動の一環として、動物病院向けに「BCSモデル」を順次配布する予定です(数量限定)。

「BCSモデル」は、非常に軽量で持ち運びも便利なことから、診察室以外でも、受付や待合室などにも設置いただくことが可能です。これにより、来院したペットオーナーは、ご自身の手で「BCSモデル」を触るだけで愛犬の現在の肥満具合や体型の変化にいち早く気づくことができ、肥満予防や病気の早期発見・早期治療につながるものと考えます。

ロイヤルカナンは、ペットオーナー自らが、ペットの栄養状態についての情報を得るきっかけを増やすことで、ペットオーナーが獣医師、動物看護師に相談しやすい環境づくりのためにも、この「BCSモデル」が様々な動物病院で活用されることを期待しています。

■ 「BCSモデル」の資料請求・お申込み方法

「BCSモデル」のキャンペーンの詳細は、以下までご連絡いただけますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

###

ロイヤルカナンについて
1967年、南フランスの獣医師、ジャン・カタリー博士によって誕生したロイヤルカナンは、創業以来一貫して、犬と猫の健康な生活を毎日の食事からサポートするために日々研究開発を行ってきました。ロイヤルカナンのペットフードは、「Dog and Cat First」という価値観のもと、「Health Nutrition-個々の犬と猫で異なる栄養要求に合わせた50余りの栄養素の最適なバランス」を追求しています。そのため、年齢、身体の大きさ、犬種/猫種、ライフスタイルなど、個々で異なる栄養要求に配慮した製品数は約250製品に上り、現在日本をはじめとする世界90ヵ国以上で販売されています。 https://www.royalcanin.co.jp/

― 報道関係者の方からのお問合せ ―

BCSモデルについて

帝京科学大学生命環境学部

アニマルサイエンス学科 教授 大辻一也

TEL:03-3910-3715

otsuji-kazuya@ntu.ac.jp

BCSモデルの画像・キャンペーン等について

ロイヤルカナン ジャポン

広報担当: 成田 恵美子

TEL:03-6717-6526

rcj-pr@royalcanin.com

ロイヤルカナン ジャポン広報代理

エデルマン ジャパン

担当:松崎、岩崎

TEL:03-4360-9037 FAX:03-4360-9001

RoyalCaninJapon@edelman.com

 

― 読者の方からのお問合せ ―

ロイヤルカナン
ロイヤルカナンお客様相談室

フリーダイヤル:0120-125-850
9:30~16:00(土・日・祝日を除く)

ロイヤルカナン ホームページ

https://www.royalcanin.co.jp/

ページトップへ戻る

ROYAL CANIN Health Nutrition

ロイヤルカナンは、犬や猫それぞれの特性を考慮してペットのためのフードを開発しています。
そのブランドフィロソフィーを「ヘルス ニュートリション」と名づけています。