栄養成分名

リジン

分類:アミノ酸(必須)

基本情報/一般的な供給源

  • ●多くの食品において第一制限アミノ酸であり、不足するリスクが最も高いため、ペットフードの製造の際は細心の注意を要する。
  • ●動物性の食品に豊富に含まれ、特に筋組織に多い。大豆タンパク中にも豊富に含まれる。

※制限アミノ酸:ある食品に含まれる必須アミノ酸のうち、必要量に対して充足率の低いアミノ酸。
そのうち最も足りていないものを第一制限アミノ酸という。

体内での働き

  • ●リジンは、タンパク質の合成に必要な必須アミノ酸である。
  • ●過去に猫で発表された研究により、ヘルペスウイルスの増殖抑制、排泄の減少などが期待された(Maggs 2003)が、近年発表された研究によると、その効果は疑問視されている(Rees 2008, Maggs 2007)。

フードにおいて期待される役割

  • ●リジンは熱に弱く、あまり高温で熱処理すると糖類と化学反応を起こし(メイラード反応)、体内でリジンを利用できなくなる。その一方でこの反応は、フードの風味を生み出すために重要である。

過剰/欠乏

【過剰】

  • ●子犬でリジンを過剰摂取した場合、アルギニン欠乏症の兆候が見られることがある。

【欠乏】

  • ●不足すると食欲低下および体重減少が見られることがある。

ロイヤルカナンの製品はこちら