ビタミン

ビタミンは体の様々な働きを調整する栄養成分である。

ビタミンとは

ビタミン(vitamin)という名前は、生きていくうえで欠かせないという言葉(vital)とアミン(amine)に由来する。エネルギー源になったり、体を作ったりする成分ではないが、ごく微量の摂取で、体内の物質代謝を円滑にするために必要な成分の総称で、消化されることなくそのままの形で体内に吸収される。また、ビタミンは機能で分類され、物質名ではないため、決まった構造はなく、その物質がビタミンかどうかは生物種によって異なる。現在までに発見されているビタミンは20種類以上あり、二つのグループに分けられる。

脂溶性ビタミンは、一定量の脂肪を一緒に摂取することで、効率よく吸収される。脂溶性ビタミンは体の脂肪組織に蓄積するため、過剰摂取に気をつける必要がある。

脂溶性ビタミンは体の脂肪組織に蓄積されるため、過剰摂取に注意。

水溶性ビタミンは過剰に摂取しても、尿と一緒に体外へ排出されるため、摂りすぎの心配はない。その代わりに、毎日の必要量を食事から摂取しなければならない。

水溶性ビタミンは過剰に摂取しても尿と一緒に排出される。