犬と猫の栄養成分辞典は、それぞれの犬と猫にとって大切な栄養成分を、手軽に検索し知識を深めるためのサイトです。

犬と猫の栄養成分辞典

犬と猫の栄養成分辞典

もしかしたら病気のサインかも!?②食物アレルギー

カテゴリー:
  • 食事

ワンちゃん・ネコちゃんといつも一緒に生活していると、ちょっとした変化にはなかなか気が付かないものです。でも、見逃してしまいがちな些細な行動や様子の変化が、もしかしたら病気のサインかもしれません。そこで今回は、特にワンちゃんで発生率の高い病気である「食物アレルギー」のサインについてお話ししたいと思います。

【こんな症状があったら、食物アレルギーのサイン!?】

アレルギーは、体内での免疫反応が、たとえば花粉など、体にとってたいして問題にならない物質に対しても起こってしまい、炎症が起こることをいいます。
食物アレルギーとは、食事に含まれる成分について免疫反応が過剰に起こってしまうことで、タンパク質が主な原因といわれています。ただし、どのタンパク質がアレルギーの原因なのかは、犬・猫1頭1頭それぞれで異なります。

食物アレルギーが疑われるサイン

  • ・口や目のまわり、背中などに炎症がある
  • ・季節に関係なく、いつも痒がっている
  • ・うんちの回数が多い
  • ・うんちがゆるい
  • ・嘔吐する
  • ・1歳未満の若い犬

アレルギーと聞くと皮膚の病気を連想する方も多いと思いますが、皮膚だけではなく食物と直接触れる消化管でも炎症を起こし、下痢や嘔吐などさまざまな症状を引き起こします。特に、1歳までに発症した、口や目のまわり、背中などに炎症がある、季節に関係なくかゆがる、うんちの回数が多い、などの徴候がみられる場合は食物アレルギーが疑われます。 また、アレルギー性皮膚炎のなかで最も多い

  • アトピー性皮膚炎でも約50%は食べ物に対するアレルギーが関与していると考えられています。これらのアレルギーは食事の変更により改善が見られる場合がありますので、動物病院で最適な食事を見つけ、与え続けるようにしましょう。

    アレルギーは、皮膚だけではなく、消化管でも炎症が起こる病気です。皮膚を痒がる場合はもちろん、うんちにも反応が表れる病気ですので、日頃からうんちの状態を気にしてあげてくださいね。

  • この記事は役に立ちましたか?

    役に立った 役に立たなかった

    一覧へ戻る