ページ本文へ

ROYAL CANIN

ロイヤルカナンは「すべては犬と猫のために」をキーワードにペットの健康を第一に考えたフードを提供していきます。

  • 品質と安心・安全
  • おすすめフード検索
  • 会社情報
  • お客様相談室(お問合せ)
  • Loading

ニュース&トピックス

HOME > ニュース&トピックス > 2016年 > 特定猫種のための毎日の総合栄養食シリーズ 「フィーライン ブリード ニュートリション」から 新たに4猫種向けに専用フードが登場

特定猫種のための毎日の総合栄養食シリーズ 「フィーライン ブリード ニュートリション」から 新たに4猫種向けに専用フードが登場

  2016年6月28日

 

プレミアムペットフードおよび犬と猫の食事療法食を展開するロイヤルカナンジャポン(本社:東京都港区、社長:山本 俊之)は、特定猫種のための毎日の総合栄養食シリーズ「フィーライン ブリード ニュートリション(以下、FBN)」から新たに4猫種向けに、「アメリカン ショートヘアー成猫用」、「ノルウェージャン フォレスト キャット成猫用」、「ブリティッシュ ショートヘアー成猫用」、「ラグドール成猫用」を追加し、2016年7月4日(月)より出荷を開始します。今回発売する4つの製品のうち、「アメリカン ショートヘアー成猫用」は、ロイヤルカナンの猫用フードとしては初めて、フランスと日本のブリーダーとの共同開発によって生まれた製品で、他国に先駆けて日本で発売します。

 

■ 純血種の猫の飼育頭数は増加傾向
2015年の日本国内の猫の飼育頭数は987万頭で、前年比-0.9%とほぼ横ばい状況の中、純血種猫は前年から2万頭増加の150万頭で、前年比+1.1%となっています。特に、アメリカン ショートヘアーの人気は高く、過去7年間で国内純血種の飼育頭数の首位を維持し続けています(ペットフード協会「平成27年(2015年)全国犬猫飼育実態調査」より)。 ロイヤルカナンは、1990年代から純血種の猫における栄養要求の違いに着目して、猫種専用フードの研究開発を行ってきました。日本では、2002年に「ペルシャ 成猫用」、2003年に「メインクーン 成猫用」および「シャム 成猫用」を発表しています。この度、飼育頭数の多いアメリカン ショートヘアーを始め、4猫種向けに製品を追加することでラインアップを拡充し、より多くの純血種の猫の栄養要求に応えます。

 

■ 猫種専用フードの必要性について
純血種の猫は独自の魅力を持ち、特徴も異なります。それは毎日健康でいるために必要なケアが異なることを意味します。そのため、理想的な栄養状態を実現するためには、猫種ごとにケアが必要なポイントに配慮した栄養バランスに設計された猫種専用フードが必要です。FBNはそれぞれの猫種に精通したブリーダーと共同で開発し、猫種固有の身体的特徴や栄養要求に配慮したドライフードです。

FBNは猫種毎の最適な栄養要求を満たすために、その栄養バランスとキブル(粒)の形は一つとして同じものはありません。猫種専用に設計された製品が愛猫を理想の栄養状態にします。

 

■ 猫種ごとに異なる栄養要求
今回専用フードを発売する4猫種の特徴と栄養要求は次のとおりです。

アメリカン ショートヘアーは、もともとはネズミなどの害獣を捕える役目をもっていたため、非常に活発で運動量の多い猫です。そのため、室内飼育などで運動量が少なくなると太りやすいので注意が必要です。太りやすいアメリカン ショートヘアーには、脂肪の含有量が抑えられていて食物繊維が配合された、カロリー控えめのフードが適しています。

ノルウェージャン フォレスト キャットは、北欧の極寒の環境に耐えるための、水を弾く厚手のダブルコートの被毛が特徴的です。その被毛を健康で美しく保つためにオメガ3系およびオメガ6系の不飽和脂肪酸、皮膚のバリアに必要な「セラミド※」の合成に必要なビタミンB群(パントテン酸、イノシトール、ナイアシン、コリン)やアミノ酸(ヒスチジン)を十分にとることが大切です。

ブリティッシュ ショートヘアーは、比較的大柄で、がっしりとした筋肉質な身体をしています。その筋肉質な身体を維持するためには、十分なタンパク質量と、脂肪をエネルギーとして利用するためのL-カルニチンが必要です。また、大柄な体を支える関節の健康を保つために、関節軟骨の成分であるコンドロイチン硫酸・グルコサミンを摂取することも重要です。

ラグドールは、「抱き人形」という名前の由来をもった猫で、抱き心地が良い、絹のようにソフトで豊かな被毛が特徴です。健康な被毛と皮膚を保つために、オメガ3系不飽和脂肪酸(EPA・DHA)およびオメガ6系の不飽和脂肪酸(ガンマ-リノレン酸)、皮膚のバリアに必要な「セラミド※」の合成に必要なビタミンB群(パントテン酸、イノシトール、ナイアシン、コリン)やアミノ酸(ヒスチジン)を十分にとることが大切です。被毛の大部分は「ケラチン」というタンパク質で出来ており、ケラチンを合成するために必要なアミノ酸(メチオニン、シスチン)を豊富に含むタンパク質をとることも重要です。

※セラミド:表皮の角質層の細胞の間にある脂質

 

■ 発売記念キャンペーンを実施
今回の発売を記念して、お取り扱いペットショップにて新製品をお買い上げいただいたお客様にオリジナルメモ入り缶(以下写真をご参照)をプレゼントする、店頭キャンペーンを実施します。缶とメモのデザインは、新たに専用フードを発売する4つの猫種に、既に発売しているペルシャ、メインクーン、シャムを加えた7猫種分を用意しており、それぞれの猫種のケアポイントがわかるミニリーフレットも入っています。


【オリジナルメモ入り缶】

 

以下のURLで、店頭キャンペーンの対象となる商品や取り扱いペットショップなど詳細をご覧いただけます。また、抽選で1,200名に愛猫の猫種に合った試食品を差し上げるお試しモニターの募集についてもご案内しています。そのほかにも、フード開発者の声や、世界最大の猫の血統登録機関TICAオールブリード審査員がプロの視点で語る各猫種の魅力など、充実したコンテンツをご用意しています。

https://my.royalcanin.jp/user_data/cat_fbn.php

 

【新製品情報】

FBN アメリカン ショートヘアー 成猫用
規格 0.4kg、 2kg
希望小売価格 0.4kg 837円 2kg 3,470円 (すべて税抜き)
製品特長
•理想的な体重を維持
  バランス良く配合された食物繊維と脂肪分控えめの設計。
•健康的な消化の維持
  消化性の高いたんぱく質(L.I.P)とプレバイオティクス配合。良好な糞便を維持。※消化率90%以上の超高消化性タンパク
•健康な皮膚と被毛の維持
  独自の栄養バランスでアミノ酸、ビタミン、オメガ3系・6系不飽和脂肪酸配合。

 

FBN ノルウェージャン フォレスト キャット 成猫用
規格 0.4kg、 2kg
希望小売価格 0.4kg 837円、 2kg 3,470円 (すべて税抜き)
製品特長
•健康な皮膚と被毛の維持
  独自のバランスで配合された栄養素が、皮膚のバリア機能を保つ。
•ヘアボールの形成を抑制
  複数の食物繊維により消化管の運動を維持し、無理なくヘアボールの形成を抑制。
•理想的な体重と健康な関節の維持
  理想的な体重を維持することにより、骨と関節への負担を軽減。

 

FBN ブリティッシュ ショートヘアー 成猫用
規格 0.4kg、 2kg
希望小売価格 0.4kg 837円、 2kg 3,470円 (すべて税抜き)
製品特長
•健康な筋肉と関節の維持
  筋肉質でがっしりとした体型なので、健康な筋肉と関節の維持に配慮が必要。適切なたんぱく質量とオメガ3系不飽和脂肪酸配合。
•歯の健康を維持
  よく噛むように、大き目のサイズで独特な形に調整されたキブル(粒)が健康な口内環境を維持。
•心臓の健康維持に配慮
  タウリンとEPA・DHAを配合。

 

FBN ラグドール 成猫用
規格 0.4kg、 2kg
希望小売価格 0.4kg 837円、 2kg 3,470円 (すべて税抜き)
製品特長
•健康な皮膚と被毛の維持
  オメガ3系・6系不飽和脂肪酸を配合。皮膚と被毛の健康を維持。
•心臓の健康維持に配慮
  タウリンとEPA・DHAを配合。
•健康な骨と関節の維持
  オメガ3系不飽和脂肪酸を配合、健康な骨と関節を維持。

 

【参考情報】
■ フィーライン ブリード ニュートリション(全7猫種向け)

既に専用フードを発売している3猫種の特徴と栄養要求は次のとおりです。

ペルシャ・チンチラ・ヒマラヤンは、長く艶やかな被毛と高密度のアンダーコートが特徴です。健康な皮膚と被毛を保つために、オメガ3系・6系の不飽和脂肪酸やビタミンB群、アミノ酸を十分に取る必要があります。長毛のため、たくさん毛を飲み込む傾向があり、ヘアボールのケアも必要です。

メインクーンは、猫種のなかでもっとも体が大きく体重が重いため、コンドロイチン硫酸やグルコサミンの摂取により、関節の健康維持をサポートする必要があります。また、心臓にも負担がかかるため、L-カルニチンやタウリン、オメガ3系不飽和脂肪酸(EPA・DHA)、抗酸化成分を取ることが推奨されています。

シャムは、逆三角形の顔とスマートな体が特徴です。高たんぱく質量と適切な脂肪量が筋肉質で細身の体の維持を助けます。また、特徴的な顔の形から、フードを食べるのが他の猫より速く吐き戻すことが多いため、ゆっくり食べられる工夫が必要です。

 

###

ロイヤルカナンについて
1968年、南フランスの獣医師、ジャン・カタリー博士によって誕生したロイヤルカナンは、創業以来一貫して、犬と猫の健康な生活を毎日の食事からサポートするために日々研究開発を行ってきました。ロイヤルカナンのペットフードは、「Dog and Cat First」という価値観のもと、「Health Nutrition-個々の犬と猫で異なる栄養要求に合わせた50余りの栄養素の最適なバランス」を追求しています。そのため、年齢、身体の大きさ、犬種/猫種、ライフスタイルなど、個々で異なる栄養要求に配慮した製品数は約250製品に上り、現在日本をはじめとする世界90ヵ国以上で販売されています。 http://www.royalcanin.co.jp/

― 報道関係者の方からのお問合せ ―

ロイヤルカナン ジャポン広報代理

フライシュマン・ヒラード・ジャパン

担当:相原・更岡(さらおか)・斉藤

TEL:03-6731-4087 FAX:03-6204-4302

RoyalCaninJapon@fleishman.com

ロイヤルカナン ジャポン

広報担当:成田・山本

TEL:03-6717-6526

rcj-pr@royalcanin.com

 

― 読者の方からのお問合せ ―

ロイヤルカナン
ロイヤルカナンお客様相談室

フリーダイヤル:0120-125-850

9:30~16:00(土・日・祝日を除く)

ロイヤルカナン ホームページ

http://www.royalcanin.co.jp/

ページトップへ戻る

ROYAL CANIN Health Nutrition

ロイヤルカナンは、犬や猫それぞれの特性を考慮してペットのためのフードを開発しています。
そのブランドフィロソフィーを「ヘルス ニュートリション」と名づけています。